スタッフブログ

抹茶のお話

2018/10/29

抹茶のお話

 

昨日、テレビのチャンネルを徘徊していますと、ケーブルテレビで不昧流(抹茶)を紹介して

いました。 和菓子を戴き、茶器を右手で取り、左手を添えて一礼、3~4服で

飲みきるというシンプルな作法で、他流派の右回し/左回しは無い様でした。

もう半世紀も昔なのですが、祖父が抹茶好きで、幼稚園頃の私を床の間前に

向かい合せに座らせ、抹茶を立ててくれました。

とりわけ抹茶が好きではありませんでしたが、一緒に用意してくれる羊羹や

(白いんげん豆の)甘納豆が食べたくて率先して準備を手伝っていた様に記憶

します。飲み終わると笑福亭 鶴瓶さんのような眼鏡の奥にほほ笑む笑顔が

ありました。  私も丁度 孫が同じ位の歳となり、庭でママゴトをする孫を

思い出し、昨夜は、そんな2~3枚しかない記憶にシンクロさせていました。

管財課