スタッフブログ

自転車のお話 ④

2018/10/29

自転車のお話 ④

朝晩の冷え込みも日々増しています。皆様 体調管理は万全でしょうか?

今年の、自転車イベントは終了しましたので、ひたすら車庫で愛機のメンテナンス

3本ローラー台に乗ったり、温泉プール横のジムで自転車漕ぎをしたりしています。    

皆様は「シマノ 」というメーカーを御存じでしょうか?  釣り具やゴルフ用品

(現在は販売中止)でおなじみですが、自転車パーツメーカーとしては世界で80%以上の

シェアをもっており、「自転車界のインテル」と呼ばれています。

自転車フレーム・タイヤ以外の部品 ブレーキ・ペダル周辺・変速機・ギヤーは ほぼシマノの

製品が取付けられています。店頭で販売されているスポーツ自転車にはそれぞれ

販売価格に見合ったグレードのコンポーネントが取り付けてあり、下位からA050 7速<

ターニー<クラリス 8速<SORA 9速<ティアグラ 10速<105 11速<アルテグラ<デュラエースとなり

アルテグラ以下のグレードはマレーシア製、デュラエースのみ国内生産品で、価格もドーンと

高くなります。下位は、ガチャコンという感じで変速し、上位になるほど高精度・

軽量で、チャッチャッと軽く変速していきます。それぞれのギヤー数×前ギヤー数が

全変速数となります。(アルテグラ11速の場合、前ギヤー2速で 22段変速仕様です) 

クロスバイクには、クラリス8速の仕様が多く、前3速の24段変速となっています。 

単純に24段変速が楽チンな気がしますが、実際には、後輪ギヤーの歯数が密接した

多段変速のものが脚への負荷が緩く、長時間のライドにも疲れにくくなります。

最小歯数11Tで時速50km/h以上のスピードも出て、最大歯数28Tで10%を越え

る傾斜(病院の近くでは、三刀屋高速バス乗場登坂で8%、峰寺参道口で10%) も

登り切ってしまいます。 (あくまでも体力ベースの問題となりますが…。)

  管財課