スタッフブログ

自転車のお話 ①

2018/10/29

自転車のお話 ①

11月ともなりますと、風を切って自転車に乗るのもいささか億劫になってしま

います。ご覧の皆様 特に受験生のいるご家庭など風邪・インフルエンザ対策は大丈夫

でしょうか? 我が家では「肩口が寒くなると風邪をひく」とネックウォーマーやタオルで

首筋を温めております(某俳優ネジネジネクタイのような感じです!) ご自愛下さい。

 自転車(ロードバイクやクロスバイクに限ってですが) に乗り始めると、沼にはまって

しまう事が、2つ程あります。1つ目は、オシリの痛み対策。(前傾姿勢を取った時

の前立腺、尿道、生殖器官、血管への圧迫によるもの)   薄いサドルは見た目は

カッコいいのですが、慣れないと臀部に痛みが出ます。 長時間のシッティングや

必要以上にサドルに体重を預けてしまうと血行不良となり痛みがでます。

少しずつ ずらしたり、立ちこぎに切替えながら痛みが和らぐようにして対応

します。又、少しでも楽になる様に色々なサドルを試していくようになります。

肉厚サドルや溝入タイプに交換しては悔み、又 次のサドルを買ってしまうという沼に

落ちていきます。しかし何回か長距離をこなすと痛みも軽減していくようです。

2つ目は、もっと楽に乗りたい(脚がだるい痛い・疲れる・坂道がきついなど) 

基本的には脚がエンジンなので、脚を鍛えればいいのですが、自転車の軽量化

主に回転部分の軽量化がメインとなります。タイヤ・チューブ・ホイールなど、グラム単位で

少しでも軽く硬い金属 、又良く回転する物を探していくようになります。

(体重を落とすのが手っ取り早いのですが) ともあれ 疲れたら休憩して紅葉に

色づいた景色を見渡しながら風景を写真に納めたり、水筒のお茶を飲みつつ

のんびりとペダルを漕ぐのもいいものです。体幹トレーニングとリフレッシュが同時に出来

ますよ。しかし体重はなかなか減りません!         管財課