スタッフブログ

看護過程事例検討発表会②

2017/06/14

~事例検討発表会発表者の感想続きです~

「事例発表を通して学んだこと」   一般病棟 看護師
 
 看護をする上で、まず必要なことは患者さんと信頼関係を築いていくことであり、そのためには患者さんとコミュニケーションをとることが大切であると改めて学びました。今後、患者さんと関わる上で、まずはコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築いていけるよう介入していきたいと思います。
 また入院中も、退院後も患者さんを継続的にサポートできるよう、他部署と連携することも大事なことだと感じ、継続看護の必要性を学びました。
 今回の看護介入を通して、一人の患者さんとじっくり関わらせていただき、看護について深く学ぶことができました。また、発表の機会をいただき、パワーポイントを使用した分かりやすい発表の仕方についても学ばせて頂きました。発表本番はとても緊張しましたが、たくさんの方にご清聴いただき、良い経験となりました。
 これらの経験を活かして、これからも頑張っていきたいと思います。


 お二人ともたくさんの学びがあったようです。この経験を活かしてこれからも頑張ってください(^^)/

▲このページの先頭へ