内視鏡室

内視鏡室

内視鏡室

内視鏡室では、年間1200人以上の検査・治療を行っています。食道・胃・十二指腸・大腸にファイバースコープ(カメラ)を挿入して詳しく観察し、病気の早期発見と治療に努めています。直径5mm(超極細)の経鼻用カメラを導入しほとんど苦痛が無く検査を受けて頂けることが可能になりました。2本のカメラを使用して、患者様の待ち時間を短縮して検査・処置が出来るようにしております。

安全に検査を施行する為には、服薬中の常備薬、特に高血圧心疾患、パーキンソン病、てんかんのお薬や抗凝固剤(血液の流れを良くするお薬)を服用されている方は注意が必要です。検査予約時に医師にその旨をお伝えください。内視鏡カメラの消毒は感染防止ガイドラインを遵守した消毒液と自動洗浄装置を使用しており、感染防止の面からも安心して検査を受けることが出来ます。

治療面では、ERCP・STENT・ESDを少しずつ行っています。

▲このページの先頭へ