看護教育委員会

看護教育委員会

教育理念

患者・家族を尊重し、信頼される質の高い看護・介護実践ができる人材の育成をする。

教育目標

1.倫理的配慮を基にした看護・介護実践ができる。

2.科学的根拠にもとづいた看護・介護実践ができる。

3.思いやりのある、あたたかい看護・介護実践が提供できる人材を育成する。

4.医療チームの一員としての役割を果たすことができる。

5.専門職業人としての自覚を持ち、主体的に自己研鑚する。

雲南圏域新人看護師合同研修の様子

 教育委員会では、より質の高い看護を実践するために常に学ぶ姿勢を持ち、自己啓発できる看護師を育成することを目標に、目標管理を導入し、個々の能力やライフワークに合った自己啓発ができるように支援しています。
 2015年度より「eラーニング」を導入し、研修の充実を図っています。
 新人看護師にはOJTに加え、看護協会の多施設合同研修や近隣の病院と合同でシミュレーターを利用した研修など、沢山の学びの場を準備しています。