常勤医師紹介

常勤医師紹介

院長 陶山紳一朗

院長陶山 紳一朗 (すやま しんいちろう)

私は昭和58年に卒業し、2年間の内科全般の研修を受けました。その後、消化器・内分泌代謝内科の医局に入局し、消化器・糖尿病疾患の透析治療に従事しました。

平成2年当院開院後は内科全般、幅広く治療できる様、研さんをつんでおります。

又、当地に透析施設が少ないことを受け、平成3年より透析治療も行っております。

■所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

■認定医・専門医

日本内科学会認定内科専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
島根大学医学部臨床教授

▲ページの先頭へ

副院長 栗岡秀行

副院長栗岡 秀行 (くりおか ひでゆき)

急性の外傷から慢性疼痛まで身体のあらゆる運動器の診察及び治療をさせて頂いております。

できるだけ患者さんのお話を聞くことを第一に、それぞれの生活様式に合わせた治療を相談しながら行っていこうと心がけております。

■所属学会

日本整形外科学会
日本手の外科学会
中国・四国整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本関節・膝・スポーツ整形外科学会
日本運動器リハビリテーション学会

■認定医・専門医

日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

▲ページの先頭へ

佐藤宏

佐藤 宏 (さとう ひろし)

高血圧から糖尿病、高脂血症、脳卒中にわたる幅拾い範囲の診療をさせていただいております。

当院の特徴として、胃カメラ(経鼻内視鏡)、CT、MRIなど大病院ではすぐにしてもらえない検査や治療がその日のうちにできることにつきると思います。中でも、MRI、MDCT、エコー、内視鏡は最新のものを導入しており、医療を供給する側としては非常に診療行為を行いやすい環境ができています。

私の専門領域は、消化器内科であり、最近話題の経鼻ファイバーを用いて胃カメラをしたり、大腸のポリープの切除、出血性潰瘍の止血、ステントを用いた消化管拡張術、内視鏡的胃ろう増設、C型肝炎のインターフェロン、リバビリン療法、肝臓癌に対するラジオ波焼却術などを行っております。

患者さんの話をよく聞き、一人一人に合わせたオーダーメードな治療を患者さんと相談しながら行っていこうと心がけております。

■所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

■認定医・専門医

日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会認定消化器病認定医
日本内科学会認定内科医

▲ページの先頭へ

松井浩輔

松井 浩輔 (まつい こうすけ)

専門は腎臓内科・透析です。

腎炎・ネフローゼ、急性腎障害AKI(急性腎不全)、慢性腎臓病CKD(慢性腎不全)などの内科疾患はもちろんのこと、透析医として、腹膜透析・血液透析アクセス関連手術にも対応できる様、研鑽して参りました。

日本全国の維持透析患者数は年々増加しており、その予備軍である慢性腎臓病の患者数も成人の8人に1人の割合といわれています。慢性腎臓病があるというだけで、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患を発症する確率が高くなることも明らかになっています。

できるだけ早期に腎臓の病気を発見することが重要であり、病気によっては治癒が期待できます。多発性嚢胞腎に対しては、以前は治療薬がありませんでしたが、今では腎容積の増大速度・腎機能の低下速度を遅らせることのできる薬が使用できるようになっています。残念ながら腎臓の機能が低下し、慢性腎臓病といわれる状態になった方でも、進行を遅らせ、透析の開始を先延ばしにできる可能性があります。慢性腎臓病が進行し、末期の状態となった方は腎代替療法が必要となりますが、スムーズに透析が開始できる様に支援致します。

■所属学会

日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
国際腎臓学会
日本アクセス研究会
中国腎不全研究会(PD部会 協力委員)
飛鳥腹膜透析研究会(世話人)

■認定医・専門医

日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本医師会認定産業医

▲ページの先頭へ

▲このページの先頭へ